田村 幸代 /Tamura Sachiyo  −Soprano−

 

神奈川県出身。

東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。同大学院音楽研究科修士課程声楽専攻(独唱)修了。声楽を大島洋子、千葉道代、篠崎義昭の各氏に師事。グレゴリオ聖歌、ルネサンス及びバロック音楽の演奏法を花井哲郎に師事。

これまでにモーツァルト《戴冠ミサ》《レクイエム》、シューベルト《ト長調ミサ》、ベートーヴェン《第九》、フォーレ《レクイエム》、プーランク《スターバト・マーテル》《グローリア・ミサ》など数多くのオラトリオ及び合唱曲のソリストを務める。

古楽から現代の作品まで幅広いレパートリーを持つ歌い手として国内のみならずハンガリーやフランス、オーストリア、スロヴェニア、韓国などの様々な現場で演奏経験を積む。

大学院時代より1950年代以降の日本歌曲を中心に研鑽を積み、近年では若手作曲家の新作初演も数多く行っている。

ソリストとしてだけではなくアンサンブルの活動にも力を入れており、合唱指導の他、プロのアンサンブル(現在は「ヴォーカルアンサンブル 歌譜喜」「古楽アンサンブル コントラポント」「ヴォーカル・アンサンブル カペラ」)のメンバーとしても活動中。

10周年!
>> 続きを読む


>> 続きを読む

歌譜喜神戸公演ツアー
>> 続きを読む

【YouTube再生リスト】

こちらより関連の演奏動画がご視聴できます!!

田村幸代 (Soprano)